婚活を続ける中で、もしも疲れてきているときは、躊躇することなく、休息を取りましょう

 

あなた自身が結婚活動していて、もしも疲れを感じはじめてしまったら

結婚活動に取り組んでいるなかで疲れを感じはじめているのなら、躊躇することなく、休養を取るのも大切です。意気込んで婚活をやっていても、いつまでもパートナーと出会えず、段々と嫌になって、モチベーションが落ちてしまうのは仕方がありませんし、遭遇しやすい問題でもあります。というわけで、婚活する気力が出てこないときは、時間をかけて休息を取りましょう。潮の流れが逆だと、漕いでも漕いでも流されてしまいます。風向きは時間が過ぎていけば有利なものに変わります。良いタイミングとなるまで婚活することから離れいい流れになったときに、動き出せばよいのです。結婚活動を成功させるには、精神的にゆとりも必要です。ですから、焦らないように気をつけてください。

 

少し前に、私は地元が開催していた婚活系のパーティー

前に、私は地元が主催している婚活を目的としたイベントに出席しました。そのときは自分でも満足のいく、良い結果を出せました。その婚活が目的のイベントでは一つの業種に限らずいろんな業種の人たちが参加していたのですが、普段、あまり接点のない男性とも話すことができたしとっても楽しい時間を過ごせました。様々な内容の話しをしたのですが、男性との距離を近くしてくれたのは恋愛について語り合った時でした。私の持っている恋愛に対する価値観や結婚観についてかなり真剣に語ったたのですが、その結果、真面目な人として捉えられていたようです。真面目なタイプに見えたことが良かったのか、異性側からの受けが良かったのです。結婚活動(婚活)が目的のイベントでは自分の誠実な部分をアピールしていくのが結果が出ると感じました。

 

40をを過ぎても、結婚する相手が見つけられない、そのせいで婚できない?

40歳を超えて、結婚相手に出会うことができない、結婚できないというのはウソ。40歳を過ぎていようが、本気で結婚したいという気持ちがある、婚活で断られてもめげない人なら結婚できる。その年齢まで独りでいる男女は、それぞれが色々な経験をしているため、結婚相手の性格は、こうでないと困る、また、年収や容姿はこうでなければと条件をあれこれ設定してしまうことが多々あります。要は、自分自身で結婚のチャンスを潰しているのです。それに加えて、40歳を過ぎた人は、一人で過ごす期間が長いため楽をしたいと思う気持ちがあって、どうも相手に対する要求も高くなってしまうようです。自分ではわかっていないかもしれませんが、客観的に見れば、単に「高望み」しているだけかもしれません。

 

「子供も持ちたいし、結婚はしたいけれど、今婚活をするのは早すぎる」

「いつかは子供も持ちたいし、結婚してみたいけど、今はまだ婚活をはじめるのはちょっと早すぎる」と感じているとしたらそれは間違っています。また、女性の場合は、20代の早いうちから結婚活動を意識しておきましょう。やはり20代と30代とを比べると、実際のところ、需要に相当な開きがあります。現実的に見て、若い方が婚活ではかなりの武器となり、理想の男性をゲット出来る確率も格段に高いのです。それに加えて、婚活は自分で考えている以上に理想の男性にめぐり逢い、結婚するまでの時間を要します。何年も婚活を繰り返しているのに、理想とする相手が見つからない、という女性は無数にいます。というわけで、そんな未来を迎えないためにも、できるだけ、早めに結婚活動を検討しておくのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です